熱帯夜も気持ちよく眠るための快眠具


『冷やす』より『むれない』『熱がこもらない』ことが大切


熱帯夜を気持ちよく眠るために大切なのは…

  • 熱をためない放熱性
  • むれない通気性

このふたつの条件が熱帯夜の快眠には必要です。

接触冷感が特徴の『冷える』パッドが多く販売されていますが、最初に触れた短時間のみ冷えますが、しばらく寝ていると暖まってしまいます。快眠具.comでは冷感ではなく、通気性と放熱性に優れた朝まで快適な寝具をおすすめしています。

 


放熱性に優れた天然繊維『麻』

天然繊維の麻は【放熱性・吸湿発散性に優れたている】【涼感とシャリ感のある感触】という特徴があり、他の繊維では得られない気持ちよい感触で眠ることができます。

 

麻100% キルトケット

麻100% パッドシーツ



熱がこもらない夏専用敷きパッド『サラフ』

サラフは【ハニカム構造】が特徴の敷きパッドです。熱と湿気がこもらない独特の構造のため、暑がりや汗が多い方でもムレずにさわやかに眠ることができます。

 

サラフ クールパッド

サラフ ドライパッド



空気の上で眠る『エアーリブライト』

4層構造で空気層が大きいので通気性に優れ、やや硬めですが体圧分散にも優れた寝心地の良い敷きパッドです。夏は涼しいのはもちろんですが、冬も暖かく眠れるので1年中快適に使えます。

 



風が通るジェルまくら『ジェルトロンピロー』

立体格子の独特の構造が特徴のグミ状ジェルまくらです。通気性が良いので熱やムレがこもらず、暑い夜でも涼しく使えるまくらです。ご家庭で水洗いもできるので衛生的です。

 



湿気をためない特許構造の桐ベッド『組子ベッド』

組子+スノコの特許構造の桐ベッドです。通気性が良いので敷き寝具が乾燥しやすく、湿気の少ない爽やかな寝床で眠ることができます。冬も暖かく使える日本の風土に合った快眠ベッドです。